記事一覧

駅中のショッピングセンターを歩いていますと、昨年秋にTNRを初めて行った時に協力してくださった、えさやりの女性の方とばったり会いました。


この方とは、良く道でお会いしていたのですが、普段はあいさつ程度です。この日は珍しく話しかけてくださり、自宅の周りには、ご自分で手術されたオス猫さんが2匹とまだ手術していない高齢のボス猫さんがいるのですが、

最近母猫さん+仔猫ちゃんがご飯を食べに来るようになり、それがお母さんがこなくなり、今は仔猫ちゃんだけが来ているとのことで・・

捕獲をしたいとおっしゃいました。その方の家の前は車道で、良く子猫がひかれるそうなんです・・


これは天界からのミッションで、やりなさいということかなと思いました。

その日はあいにく雨で、次の日は晴天でしたので、その女性の方にお電話をして、夕方に捕獲機を自転車に積んで、ご自宅に伺いました。

玄関前に一緒にセットをいたしまして、おいしい匂いのするウエットフードや焼きかつおをいれまして・・

すぐにどこからか「にゃー」と子猫の声が!


そのまま捕獲機をおいて、一旦私は家に帰りました。

そして、2時間後、夕方6時に電話が鳴りまして、「入っています!」とのこと、また自転車を走らせました。


つくと、とっても小さな子で二人でびっくりしました。えさやりさんも思ったより小さかったのでびっくりしておりました。「可愛い・・」と心から思いました。薄い茶色の子猫ちゃんです。


いつもお世話になっていますボランティさんにメールをして、病院への搬送をお願いすると、捕獲で大忙しのところだったようで、次の日まで我が家で預かることになりました。


夜中考えていたのが、保護して里親さんを探すのがいいのですが、私のところでも預かることができませんし、ボランティさんにお願いするのも申し訳ないことで、なつきにくい子もいますし、里親さんが見つからないこともあり、保護するお世話や労力、時間は大変なものです・・手術してリリースするのが良いかなと思ったりしていました。


この子は捕獲機のまま布をかけておりましたが、顔をのぞくと何とも可愛い子で、リリースしたくないと強く思わせる、不思議なパワーのある子でした。

泣いていましたが、母猫を呼ぶような声で、まだ幼い仔猫です。悩んでは、この子の顔をなんども見て、悩んでという夜でした。


翌朝、ボランティアさんが来てくださり、見て「小さいからリリースするのは可哀想やね・・」という話で、手術後しばらく私のところで預かった後、ボランティアさんがみてくださることになりました。


近くの、のら猫クリニック兵庫で、手術していただきました。本当に2~3か月の小さな体ですが、

TNR専門の先生の腕は素晴らしく、いつも感動しています。


猫ちゃんを迎えるのをまっておりますと、ボランティアさんから急きょ、預かり猫さんが里親さんがみつかったので、ゲージがあきそうなので、そのまま預かりますよとありがたいお電話がありました。ベテランの方で、お言葉に甘えることにいたしました。


獣医さんが、この猫ちゃんは怒らないよとおっしゃっていたようで、ボランティアさん宅でもだっこもでき、わんちゃんも平気だったそうです。可愛いお写真も送ってもらい、涙がうるうるでそうです。


天界がサポートをしてくださったに違いありません。すべてが守られておりました。

また、この子猫ちゃんは強いエネルギーと意思を感じました。もしかしたらお母さんとはぐれたのかもしれません・・自分で野良の生活から、抜けて出たいと思ったのかもしれません。リリースしないで!と訴えているような瞳でした。


幸せになりそうです。えさやりの女性の方にお伝えすると、とても喜んでいらっしゃいました。

高齢のボス猫もやらないといけませんが・・

天界のサポートと奇跡を感じております。すべてに感謝で一杯です。











昨年8月に東京都小平市で保護されたファラオ君(当時生後10日)

人の言葉を理解し、セラピーキャットして働いてくださっています。

また、他の猫ちゃん達の教育係の役目も果たしてくれています。


エンジェルヒプノインスティチュートのLANAI FUKUDA先生によると

前世はエジプトのファラオでもあり、水星で高次元のマスター、そして賢者でもあったようです。


私のセラピールームでももっと人を癒したいとおっしゃっています。

メディアにも出たいとのことで、you tubeで動画を作り、ファラオ君の賢者のメッセージを伝えていけたらと思っています。

今、作成中です・・がんばりま~す!

近くの公園で、今年2月ごろお腹の大きな小柄な猫ちゃんを見つけました。

捕獲を試みたのですが、うまく捕獲できませんで・・

えさやりに来ていた高齢の女性の方によると、何度も今までも捕獲を試みていて捕まらなかったのだそうです。


うちのくれちゃんは昨年5月に公園で拾ったのですが、良く似ていて、姉妹か、もしかするとお母さんかもしれないな・・と思っています。


そしてゴールデンウィークに公園の側の民家がのガレージで、子猫3匹とこの猫ちゃんがいるのを発見して、民家の方にボランティアさんと、お願いをしてみたのですが、「保健所に言いますから!」と拒否されてしまいまして、捕獲できなかったのです・・

保健所に連絡すると殺処分になる可能性が高くなります。それも説明をして、でも何か様子がおかしく、おそらく餌をあげていらっしゃったのではないかと思われました。段ボールに毛布などひいておりました。


私もしばらく、どうしたら良いかなと思っていたところ、先週この親子が公園に現れました。

その時は、母猫さんがシャーシャーいいながら、その後ろにちょこんと子猫が1匹座っておりました。

夜ドキドキしながら、一人で捕獲機を抱えて、公園に向かいました。

ベンチにいると、子猫2匹がじゃれながら、ベンチの周りを走ってきまして、母猫もおりました。


若者たちが数人たむろしておりまして、私が捕獲機をセットしようとしていると

「猫とるんちゃうか?」と声が聞こえ、若者たちの注目を一身に浴びながら、捕獲機をセットいたしました。(猫の保護活動をしていることを若者たちに話したらよかったなと後で思いました・・)


すぐに「バシャッ」と音がして、見に行くと、子猫が1匹入っておりました。可哀想ですが、セラピールームに連れ帰り、ボランティさんにお願いをして、預かっていただくことになりました。

生後三か月で、目の大きな美形のキジトラの子でした。保護して、里親さんが決まるまでお世話してくださることが、大変なことで、申し訳なく、感謝で一杯です。


翌日、また夜に捕獲機をもって、公園に行きました。不審者のようです・・

夜遅く、カップルがキスをしており、捕獲機をセットしている私を、怪しげに眺めておりました。

最初、捕獲機に1匹入ったのですが、耳カットをした子で、この辺りにも保護活動をされている方がいるのだなと嬉しくなりました。


そして、夜中の3時についに、お母さん猫が入っておりました。近くの病院で不妊手術をいたしました。一晩安静にしてもらって、お母さんは公園に戻しました。不思議だったのが離して1mほどいったところで、立ち止まり、じっと私を見つめていたのです・・長い時間見つめておりました。


本当にごめんね・・という気持ちで一杯です。おそらく子猫があと2匹ぐらい公園にいるはずです。

歯もしっかり生えている生後3か月ぐらいの子なので、何とか1晩、母猫さんがいなくても大丈夫だったかなと思っています。


↓下の三枚はお母さん猫です。手術前の様子・・本当にごめんね。怖かったかな


外の世界で生き抜くのは大変です。。TNRという活動を皆さんが知ってくださったら良いなと思います。神戸市では平成29年に「人と猫との共生に関する条例」ができました。


人と猫とが幸せにできる街にしていけたらいいですね。この条例を市民はほとんど知らないと思います。私も知らなかったのです・・



庭に来ていたニューフェイスの猫ちゃんですが、捕獲しまして

昨夜、ボランティアさんが猫ちゃんを病院から、我が家へ連れてきてくださいました。

やはり男の子でした。


布を取って、捕獲機の入り口を開けても、固まって動かずで、しばらくして

一目散に走っていきました。ごめんね・・・


シルバーの毛の目のグリーンの綺麗な猫ちゃんで、女の子かなとも思っていたのですが

喧嘩をしていたのでやっぱり男のでした!


なんとお腹を壊してしまっていたようで、(ショックだったからでしょうか??)布と捕獲器が

えらいことに(笑)なっていましたが・・

今日、せっせと洗って、ハイターで消毒中です。


今は、セラピールームの庭に、フードとお水を置いておりますので、現在手術済みの3匹が順番に1匹ずつご飯を食べに来ています。どうも力関係もあるようで

、順番待ちをしております。口喧嘩みたいに鳴いてはおりますが、喧嘩をしたりはないです。

今回の子も、しばらくしたら、ご飯を食べに来てくれるはずです。


男の子も、去勢をすると喧嘩をせず、けがや事故にあわずに済みます。

もちろん子猫も増やしませんよ~!


そして、近くの公園で気になっていたお母さん猫と、生後1か月ぐらいの子猫を発見してしまいました。どうしよう・・捕獲と共に、こういった子猫ちゃんも保護して里親さんを探すということも

大切で、そしてなかなか大変なことなのですね。。預かり先が一番見つけるのが・・・


みなさんが、少しでも猫ちゃんのTNRに関心を持ってくださったら、嬉しいです。


↑その公園で昨年生まれた くれちゃんです。

 今いる母猫と子猫ちゃんも、くれちゃんそっくりで!くれちゃんの母か、姉妹かも・・

今夕方になり、庭に捕獲器をセットしました!

3匹の男子ボス猫ぽっちゃりトリオ(茶トラ、キジトラ、シルバーっぽい子)は、不妊手術をして耳カットしてます。

最近新たに、耳カットなしのシルバーっぽい目のグリーンの子が現れて先月終わりからトライ中です。

前、入った!と思ったらシルバーの耳カット済みの子で、あわてて放しました。またご飯食べに来てくれてます。

聖フランチェスコと大天使ラファエルにお願いしています!スムーズに捕獲機に入りますように。。

追記!
20時に捕獲いたしました☺♥
ボランティアさんが取りに来てくださるとこです。

21時ボランティアさんが車で持っていってくださいました。感謝☺🌸
手術ずみの茶トラのボブ君似の子が、塀の上で一部始終を見守ってくれていました。
おおらかな賢者のような猫ちゃんです😺♥

フラン君は聖フランチェスコの魂が入っている猫ちゃんです。

東京都小平市で3匹の兄弟として保護されました。

とてもエネルギーが強い猫ちゃんです。ビジネス運アップの力をもった

不思議な猫ちゃんです。


両手両足が大きくて、悪いものをつかみ取って吸い取ってくれたり、

幸運をつかみとってくれるのかなと思います。

遊ぶのが大好きで、猫じゃらしをもつと瞬間で横に座っています(#^.^#)

他の猫ちゃんとも仲良しですよ。


強いエネルギーを持つフラン君にぜひ会いに来て下さいね。

お家で飼っておられる、猫ちゃん、わんちゃん、うさぎさんなどは、聖なる友であり

私たちを心、魂から癒してくれます。

側に来てくれたのも、理由があります。お聞きになりたいことがございましたら、

通訳としてお伝えさせていただきます。


地球でのお役目を終えて、天に帰った後、ペットロスで苦しまれている方も多いと思います。

悲しんでいる飼い主さんを心配し、魂の一部が、次の動物さんの中に入り、癒すお役目を果たすこともあるようです。


天界の光に戻った、亡き愛するペットさまへのチャネリングもさせていただきます。


また、このセラピールームには、3匹の猫たちがおります。昨年、野に生まれ、保護された保護猫です。人が大好きな子たちであり、セラピーキャットです。どうぞ会いに来てくださいませ。

セラピーのお代金の一部を、動物さんたちの保護活動運営資金と、ホームレスの方々の支援のために使わせていただきます。


2018年5月より、令和になりました!

ビューティフルハーモニーという意味だそうですね。


天界のエンジェルヒプノセラピーの個人セッションを5月より再開いたしました。

リラックスした安心できる場所で、心の中のお悩みはどんなものでもお受け

いたします。

なんでもお話ししてくださいませ

天界のチャネリング、ヒーリングを行います。心のご病気をお持ちの方もセラピーを受けていただけます。

また、愛するペットさまへのチャネリング、ヒーリングも行っております。

こちらに来られるのが難しい方には、神戸市または近隣の市に限りますが、出張セラピーをさせていただきます。また、お電話でのセッションも始めました。

ご縁がある方とお会いできることを、心より光栄に思っております。

お気軽にお問い合わせくださいませ!


こちらは3匹のセラピーキャットと、6月末までの2匹のお預かり猫ちゃんがおります。

この2猫ちゃんもとてもエネルギーが強いパワーのある子たちです。

皆、人が大好きです!最年長のくれちゃんでまだ1歳です。


隣接している土地で、建築工事が始まりまして、月~土が騒音がいたします。

日曜日は工事がお休みですので、一番リラックスしてセラピーを受けていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ご縁のある皆様と、お会いできることを心より楽しみにお待ちしております。

セラピーキャットのピオ君(左)とファラオ君(右)です。2猫ちゃんとも10か月くらいです。ピオ君は6月末までのお預かり猫ちゃんです。





24日の金曜日にねこけんさんの捕獲機を、エンジェルヒプノセラピーを一緒に学んでおります

Eさまが持ってきてくださりました!本当にありがたく感謝で一杯です。


ボランティアさんたちに助けられながらの捕獲活動ですが、ねこけんさんのものは真っ黒でしっかりした作りとのことで、輝いておりました。

私も使ってみて一番、使いやすかったのです。

セラピーキャットのファラオ君は興味津々!

かじってみようとしていたので、STOPかけました~

今日27日にはりきって、庭に来ている猫ちゃんの捕獲を試みてみたのですが・・

3匹手術済みで、みんな男の子です。

新たに1匹、きれいなグレーの目のグリーンぽい子が、やってくるようになりまして

その子が入りますように・・

とアッシジのフランチェスコと、大天使ラファエルに祈りつつ・・


ばしゃ!と音がしてのぞいてみると、いつも来ている手術済みの男のでした!

すぐに離してあげました。。庭で捕まえた子なのですが、学習してないのでしょうか・・

男子って・・・

一目散に逃げておりましたが、またそのあとご飯を食べにきておりました。

男子って・・


また木曜日あたりからがんばります!


セラピールーム ミカエルキルヒェでは 個人セッションを行っております。  

ゆったりと安心し、リラックスできる環境です。なんでもお話くださいませ。

皆さんを守ってくださっている天界の先生であるマスターにお聞きし、
通訳としてお伝えいたします。

 お母さまの胎内や子供のころ、前世などヒプノセラピーによって戻り、天界のヒーリングも
 行います。お心の病をお持ちの方も受けていただくことができます。

現在、5匹の保護猫ちゃんも一緒に癒しのお仕事をしてくれます。 どうぞお待ちしております。

猫ちゃんをみていると、眠たくなってきます・・

仕事がはかどりません・・


不眠症の方も猫ちゃんを飼うと、良いのではないかと思います。生霊や霊的なものを猫ちゃんは見ることができて、追い払ってくれたり、ネガティブなエネルギーを吸い込んでくれるそうです。


心の病をお持ちの方は、霊的なものにも敏感な方も多いですので、猫ちゃんがいると良いと思います。うちの母も、統合失調症がありますが、猫ちゃんが来てから、落ち着いて笑顔が増えました。


不思議な精霊のみ使いです。

折り畳みキャリーバッグは、みんな大人気で、良く入っております。

ファラオ君&ホルス君でギューギューで入っておりましたが(#^.^#)

最近、ピオ君&フラン君兄弟でギューギューで入っていることがあり、ほほえましいです。


地球の人間の世界では、皆仲良くすることは、難しいですよね。。

特に家族間、兄弟姉妹、親戚など・・ソウルファミリーというのは、修業という感じですね。

仲良し猫ちゃん達を見ていると、物思いにふけってしまいました。


お家に保護猫ちゃんが来ると、幸せがやってきますよ。うちは家族が明るくなった気がします。




セラピールーム ミカエルキルヒェでは

個人セッションを行っております。

ゆったりと安心し、リラックスできる環境です。なんでもお話くださいませ。

皆さんを守ってくださっている天界の先生であるマスターにお聞きし、

通訳としてお伝えいたします。

お母さまの胎内や子供のころ、前世などヒプノセラピーによって戻り、天界のヒーリングも

行います。お心の病をお持ちの方も受けていただくことができます。

現在、5匹の保護猫ちゃんも一緒に癒しのお仕事をしてくれます。

どうぞお待ちしております。


     


新緑の気持ちの良い風が吹いております。

今日は満月ですね。

天界の鳳凰、ラクシュミー、クレオパトラ、イシス神、

大天使ハニエル

徳川家康公、紀伊国屋文左衛門様、渋沢栄一公、

どうぞ、天界の無限の豊かさを降り注いでください!

昨年6月の生後2か月ぐらいのくれちゃん☆目が子猫特有の、ブルーがかった瞳です。この頃だけの貴重な瞳の色、キトンブルー 私の足が汚くてすみません・・

昨年8月初め、東京都小平市で保護されてから、セラピールームにきたばかりのファラオ君。ミルクが哺乳瓶で上手に飲めなかったので、離乳食に粉ミルクを混ぜて、3時間ごとに食べてもらいました。

ちゅーちゅー吸いながらたべておりました(#^.^#) ちゅーちゅー食べ。歯は4本ぐらいでした(笑)目が目やにが多くて、ずっと腫れてました・・

実家からセラピールームヘは自転車をこぎながら10分ほどです。

途中、小高い丘から、垂水の海がみえて、5月のさわやかな風が吹いてなんとも、気持ちの良い季節ですね。


7年前、3年ほど緩和ケア病棟(ホスピス)で働いてきたのですが、その頃のことをふっと

思い出しました。天に帰るまでの時間があと1か月以内の方ばかりでした。

私とほとんど変わらない方や、まだ小さいお子さんがいる方などもいたり、悲しい場面ではあるのですが、沢山の感動がありました。

魂が一生を終えて、天界の光の源に帰ろうとする最後の時で、それが看護師さんたちも皆

感じていた気がします。

亡くなってしまうと魂が終わりではなく、その先があるということをみせられる、不思議な場所でした。


最後の時間が近づくと、何かが見えてくる方も多くて、天使がいるとか、魂の世界の人とお話をしたり、医学的に言えば、体が毒素を代謝できなくなり、幻覚がみえている・・と片づけられるのですが

天に帰る時間を、天界のマスターや天使達やご先祖様ともお話をしたりしながら、タイミングを準備して、決めていたのだと、今はわかります。


亡くなるときに看取る看護師も、患者様が自分で決めて、選んでいるとしか思えませんでした。その方と近く、仲の良く、信頼していた看護師が看取ることが多かったです。やっぱり・・と理由がわかる感じでした。


交代制ですので、安定していた方が、その看護師が出勤してきた途端、血圧が下がってはかれなくなったりということも良く見ました。


もちろん、誰もいない時にそっと亡くなる方もいて、ずっとご家族がつきそっていて、ちょっと席をはずした瞬間になくなることもあり、看護師自身もそういう場面に遭遇すると、自責の念にかられておりました。

それも意味があり、その瞬間は心配をかけたくない、そっといきたいという、ご本人の意思のようです。


私は今思っても、できのわるい看護師でしたが、一般の病棟とは全く違う、地球と天界の光の間に立っていたような、不思議な場所に関われたことは、忘れられない経験でした。

とってもエネルギーがいり、毎日がくたくたでもありました。

そこで働いたことで、天界のエンジェルヒプノセラピーを学ぶことができまして、紹介していただいた先輩たちに感謝で一杯です。


今も患者さんのうち、お顔をふっと思い出すことがあります。元気にしているよ!といってくれている気がします。